めぐその処世術

人生100年時代を生き抜くために、「心」「技」「体」の観点からできることを書くブログです。

洋服のブランドを4つに絞ったおかげで、おしゃれと言われるようになりました

f:id:mado_megu:20181109001531p:plain

はじめに

私は以前、洋服のブランドにこだわりはなく、ZOZOのようなファッションECサイトにて、価格やデザインを比較し、洋服を購入していました。

最近はファッションECサイトを巡るのをやめ、ブランドを絞って購入しています。

その利点について、紹介します。

ネットショッピングでありがちなこと

ネットショッピングにて洋服を買うときにありがちなのが、ファッションECサイトをダラダラと巡回することです。そして「セールで安いから」や「見ていたら欲しくなった」等が発生し、目的だった商品以外の衝動買いをしてしまいます。

また複数のブランドを掲載するファッションECサイトでは、デザインや価格、素材、サイズ等を比較・検討し、最適な洋服を購入することができますが、探すという行為に思いがけず時間を費やすことになります。私は、ネットショッピングに夢中で、気がついたら夜中の2時になっていることもしばしばありました。さらに夜中は判断力が鈍るので、衝動買いが生まれる状況を生み出してしまいます。

 

ファッションブランドを固定することのメリット

ファッションブランドを固定するメリットについて、以下の3点が挙げられます。

  1. 時間の削減
  2. 衝動買いの防止
  3. 服装の統一感

 

ブランドを固定することで、他ブランドの情報や価格、商品画像(モデル写真)等に惑わされることがありません。したがって、目的もなくだらだらネットサーフィンを続けて、時間を浪費しませんし、衝動買いの発生を抑えることができます。

 さらに、ファッションブランドを統一することで、服装の統一感が得られます。いろいろなジャンルの洋服を着こなすにはかなりのセンスがいりますし、組み合わせが限られます。

また、同じブランドを買うことでそのブランドのサイズ感を掴むことができるので、ネットショッピングの欠点であるサイズ感を克服することが可能です。

 

ブランド選定のコツ

固定ブランドの選定の際に、そのブランドのコンセプト(ブランド哲学)をチェックすることをおすすめします。

ブランドのサイトやリーフレット等に記載されているブランドのコンセプトを読んで、自分の好みに合うブランドか否かを判断しましょう。

次に、洋服のラインナップをチェックし、ブランドのコンセプトが洋服に反映されているかを確認しましょう。

 

おすすめのブランド

STYLE DELI(スタイルデリ)

www.style-deli.com

スタイルデリのブランド哲学である、良品質・最初からセール価格・小ワザ重視を非常に気に入っており、長年溺愛しています。

企画担当が30代の方々とのことで、今の自分のスタイルにあった商品展開をされていることもポイントです。オフィスも週末もこちらのブランドの洋服を着回しています。

 

UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)

united-tokyo.com

 ユナイテッドトウキョウのコンセプトである原価率50%以上・ファッションの地産地消が気に入っており、リピートしています。

特におすすめなのがアウターとワンピースです。

 

肌着

ユニクロ

www.uniqlo.com

圧倒的なコストパフォーマンスです。サイズ感が大体統一されているので、試着不要で購入できます。

ヒートテックとブラトップ、シームレスショーツ(寝巻き用途)をリピートしています。

 

ワコール

www.wacoal.jp

ブラジャーとガードルはワコール一択です。

ワコールは、女性の美しさをデータ測定することで科学的に研究し、商品に反映させています。このものづくりの姿勢を感銘を受け、ブラジャーとガードルはワコールを使用しています。

どんなにデザインが美しい洋服を着ても、身体が引き締まっていなければその美しさを反映できないと考え、ワコールの最高ラインを使用しています。