まどもの処世術

人生100年時代を生き抜くために、「心」「技」「体」の観点からできることを書くブログです。

外国人おもてなし語学ボランティア育成講座を受講した話

f:id:mado_megu:20181108005622p:plain

 東京オリンピックのボランティア活動を応募をきっかけに、今からできるボランティア活動を探してネットを巡回したところ、

東京都主催の語学ボランティアを発見したので、さっそく受講しました。

今回はその体験談をお届けします。

 

「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座とは?

東京都が主催する外国人旅行者等のための日本人の語学ボランティアを育成する講座のことです。

東京都は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見据え、

2019年度までに語学ボランティアを5万人育成することを目標に、

本講座を開講しています。

www.omotenashi-v.metro.tokyo.jp

 

申込時の注意事項

東京都内在住・在勤・在学のいずれかの15歳以上であれば、無料で参加することができます。

ただし、講座の日程と場所、受講人数が限られており、応募者多数の場合は抽選となります。

なお、講座申込ページから、直近の倍率をチェックすることができます。

 参考(2018年7月〜9月実績)

 最高倍率:2018年7月、6.0倍

 最低倍率:2018年9月、0.4倍

 

おもてなしコースを受講

私はおもてなしコース(3時間30分)を受講しました。

平日の昼間開催のコースでしたが定員60名の会場がほぼ満席で、老若男女問わず幅広い年代の方が受講されていました。

男女比率は3:7で女性の方が多く見受けられました。

 講座プログラムは以下の通りです。

  1. オープニング(講座趣旨、スケジュール等)
  2. 動画鑑賞
  3. テキストを使ったグループワーク、ペアワーク
  4. まとめ

動画鑑賞

動画は以下の2本を鑑賞しました。所要時間は10分ほどです。

  • 外国人おもてなし語学ボランティア育成講座の紹介
  • 澤の屋の”おもてなし”

澤の屋さんの動画は心に響くものがありました。

澤の屋さんは東京都台東区谷中にある下町の家族旅館です。

時代の流れとともに客足が遠のき、廃業の危機を迎えていましたが、思い切って外国人観光客をターゲットとした旅館に方向転換したことで、成功を収めた旅館です。

今も家族経営の小さな旅館ですが、外国人観光客から絶大な人気を得ています。

澤の屋さんのインターナショナルなホームページ

TOKYO RYOKAN SAWANOYA ueno Traditional Japanese Inn

 

旅館業はサービス商売、英語が堪能ではない澤の屋さんが、外国人観光客を迎え入れることを決断したのは、相当な勇気が必要だったと思います。

動画の中では、

  • 無理をしないこと
  • でも相手から要望があれば、できる限りのことはすること
  • 身振り手振りと表情、筆談を交えることでコミュニケーションはとれること

がポイントだと、ご主人が話されていました。

 

グループワーク、ペアワーク

講座の大半は、グループワークまたはペアワークの時間でした。

テキストを参照しながら、ロールプレイや話し合いを行い、以下の項目を学びました。

  • コミュニケーション力を磨く方法
  • 知識や情報を駆使して問題解決する方法
  • ボランティアスピリッツ

なお、ロールプレイは基本的に英語で行いますが、ジェスチャーや筆談、スマホ等を活用して問題ありません。むしろ積極的に活用することを推奨されました。

英会話(英文法)の正解を学ぶのではなく、どうやったらわかりやすく伝わるか、より親切かを重視し、表情や態度、おもてなしの心構えを学ぶ講座内容でした。

 

グループは席の前後で4名、ペアは隣の席の人でした。

私のグループは、初老の男性とナイスミディ、20代くらいの青年でした。

語学ボランティアを応募する方々だけあって、皆様のコミュニケーション能力がとても高く、人見知り気味の私はとても助かりました。

どのグループも積極的に会話が生まれていて、全体的に活気のある講座でした。

 

講座終了後

講座終了後に、

  • 登録証
  • 缶バッジ
  • 外国人おもてなし語学ボランティアwebのログインIDとパスワード 

をいただきました。

登録性は本講座を修了したことを証明する唯一のもののようです。

缶バッジはボランティア活動の際に身につけることで、自身がボランティアの人間だとアピールすることができます。

また、webサイトのマイページにアクセスすることで、自身が行ったボランティア活動を記録しておくことができます。活動記録は、webサイトトップページのマップに集約され共有できます。

webサイトでは講座修了者を対象としたイベントが時々開催されているようなので、積極的に参加していきたいと思います。

 

今後のボランティア活動について

外国人おもてなし語学ボランティアは、具体的な活動場所や日時の指定があるわけではなく、講座修了者が日常生活において自発的に行うものです。

つまり、外国人おもてなし語学ボランティア育成講座を修了し、ボランティア活動のスタートラインに立ったところです。

この講座で学んだ心構えと気遣いを活かし、今後街で困っている外国人観光客を見かけたら、勇気をだして話しかけたいと思います。

 

私は以前、ボランティア活動にほとんど興味がありませんでした。

しかし、人生100年生きると仮定し、これからの人生をどう生きるかを考えたとき、

自分のためだけに生きるのではなく、自分の行いが誰かのためになれば、

きっと生きててよかったと思えるのではないかと思い、ボランティア活動をはじめることにしました。

 

私の英語力は53万ですと言いたいところですが、少し聞き取れるくらいで、スピーキングは上手じゃありません。それでも、相手を助けたいと思う気持ちと少しの勇気がボランティア活動に繋がるのではないかと考えています。

 

これまで様々な海外旅行先で、困っていたときに何人もの外国人のかたに助けられました。今度は私が彼らを日本で助けてあげたいと思います。